【マッチング対策】初期研修マッチングの対策ができるサービスまとめ

初期研修マッチング
トピックス

初期研修マッチングの対策に何を使ったら良いのかわからないという方へ、マッチング対策サービスを一覧でまとめました。大きく分けてナビサイト、イベント、口コミの3つが存在します。各サービスのメリット、デメリットもご紹介します。

初期研修マッチングサービス

1.ナビサイト(マッチングイベント)

メリット:レジナビやマイナビRESIDENTといったナビサイトは、掲載病院数が1000件以上と非常に多く、その中から自分にあった病院を条件を絞って検索することができます。またナビサイトとしての機能だけでなく、大半のサイトで病院説明会を開催しています。
デメリット:どのような病院に行きたいかあらかじめ考えを持っていないと、掲載数が多いがゆえに選びきれないこともあります。

レジナビ

掲載数:初期研修病院739件、後期研修病院2424件(2021年1月現在)です。掲載数はナビ媒体の中でも最大級です。
特徴:自分にあった病院を条件を絞り込む形で検索できます。レジナビFairというオンライン病院説明会が数日〜数ヶ月といった長期間実施されることが多く、期間中は毎日2〜4病院が交代で説明会を行います。その他研修先の情報を動画で学べるコンテンツや、見学体験記の掲載など、コンテンツが他のナビ媒体と比べとても充実しています。

マイナビRESIDENT

掲載数:初期研修病院1030件(2021年1月現在)です。
特徴:人気病院のオンラインイベントが多数開催されています。オンラインイベントへの参加登録で特典が付くなどのフェアも随時開催されています。マイナビは他にも医学部生以外の就職活動に向けた主サービスを持っているため、一般企業に興味のある学生は閲覧してみることをお勧めします。

m3.com

掲載数:m3.comでは研修病院ナビを運営しており、掲載数は初期研修病院と後期研修病院合わせて1259件(2021年1月現在)です。
特徴:病院ページでは、各症例の種類と数が同規模病院と比べ何倍か、具体的な指標を掲載しています。オンラインイベントは音声オフ・ビデオオフ、入退室自由での参加が可能で、カジュアルに病院情報を得たい方にお勧めです。また公式LINEに登録すると、コンサルタントにチャットで質問することができます。

e-resident

掲載数:初期研修病院312件(2021年1月現在)です。
特徴:1日で複数病院のオンラインイベントを視聴できるeレジフェアを開催しています。eレジフェアは「0.5次面接の場」をコンセプトに、事前にコンシェルジュが医学生と病院双方の疑問点を集め、イベント内で司会進行を勤めながら疑問の解決を行います。Youtubeで当日のダイジェストも公開されています。

MEC Found

掲載数:初期研修病院1026件(2021年1月現在)です。
特徴:病院インタビュー記事に主眼が置かれ、動画コンテンツやQ&Aから、病院での普段の働き方や雰囲気を感じ取ることができます。数多くの病院の資料を一括で請求できる機能も付いています。

2.口コミサイト

メリット:病院を実際に見学した学生や、既卒の医師などの口コミを閲覧できます。ナビサイトでは分からない実際の情報を知ることができます。
デメリット:信憑性がない口コミが紛れていることがあります。

HOKUTO resident

掲載数:初期研修病院1021件(2021年1月現在)です。
特徴:会員登録をすることで、好みの条件で病院を検索し、実際に見学に行った学生の口コミ、既卒の医師の口コミを閲覧することができます。全ての口コミを閲覧するためには自分も口コミを投稿し、ポイントを貯める必要があります(参考)。

3.新しいマッチング対策サービス

メドキャリ合同会社では、メドピア株式会社が2021年夏リリース予定の「MedPeer Resident」の企画/開発を共同で行っております。

MedPeer Residentはオンライン上で気軽に初期研修病院を研修医に聞いて決めることのできる初期研修病院選びのポータルサイトです。
実際に現場の研修医から回答を貰えるため、現場の信憑性の高い情報を得ることが出来ます。

このサービスにかける思いは別記事で詳しくご紹介しますので、そちらを参照してください。
事前会員登録フォームからご登録いただくと、医学生向けの情報並びに「MedPeer Resident」のサービスリリース及び会員登録手続きのご案内等をお届けします。

MedPeer Resident

https://medpeer.jp/landing_pages/resident?from=medicalworkstyle

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。ナビ媒体を網羅的にチェックし、自分にあった病院を探しながら、興味のある病院は口コミを詳しくチェックするなどして活用していきたいですね。今後リリース予定の新しいサービスにもぜひご期待ください。

サービス名掲載病院数独自性
レジナビ・初期739・後期2424・数日〜数ヶ月といった長期間実施されるレジナビFair・医学生の研修体験記掲載(投稿でギフト券進呈)・研修医・指導医のインタビューなどコンテンツが充実
マイナビ RESIDENT・初期1030・イベントへの参加で特典が付くフェアを随時開催・一般学生向けの就活サービスも取り扱う
m3 研修病院ナビ1259(一部初期のみ、後期のみを含む)・各症例の種類と数が同規模病院と比べ何倍か、具体的な指標を掲載・オンラインイベントは音声オフ・ビデオオフ、入退室自由での参加が可能
e-resident・初期312・1日で複数病院のイベントに参加可能、またダイジェストがYoutubeに公開されている・キャリアコンシェルジュのサポート付
MEC Found・初期1026・病院インタビュー記事では実際の雰囲気が汲み取れる・資料の一括請求機能付き
HOKUTO resident・初期1021・医学生や既卒医師の口コミ掲載

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。